のほのほなくらし

nohonikki.exblog.jp
ブログトップ

人望

実は・・・ここだけの話、事故寸前だったかもしれません
昨日家を出発して順調に高速を走行中、ちょっとした異変が。
セカンドシートで娘達がお菓子パーティーを繰り広げ、お菓子の匂いがムンムン。更にエアコンが少々効きすぎて車内がちょっと暑かったのね。
もうすぐ「魔の23か所連続トンネル区間(九州道は険しい山の中に建設されてるので、大小23のトンネルが断続的に続く区間があるの)」に入るという頃になって、そんな暑い車内にも関わらず段々冷え切って来る私の手足。そしてトンネルに入るごとに妙に気持ちが悪くなってきた。
もしや私、閉所恐怖症になってしまったのかしら?私、もともとトンネルの運転は好きなのに。でも全然心当たりないんだけど・・・と思って、とりあえず一番近いPAで休憩。トイレに行って外気を吸ったりして気分転換してみても、発車するとまた気分が悪くなる。
どうしよう・・・こんな調子だと仮に無事に実家に着いたとしても、今度は鹿児島に帰れないかも。オットに迎えに来てもらうか、父に送ってもらうしかないかしらと思いつつ、またすぐ次のSAで休憩。
んん・・・?この症状、つい最近経験したぞ?とよくよく思い返すと、正月に天神で貧血を起こして倒れた時と一緒だ !
つまり、このまま運転を続行してたら、目の前が真っ暗になってしまうって事よね?
さすがの私も命の危険を感じたので、ななに正直に「お母さん具合が悪いので、ちょっと横にならせてね」と少しの間ブーツを脱いで横になって休憩したら、ちょっと楽になってきた
どうやら履いていたショートブーツがいけなかったみたいなのよね
サイズ的にはぴったりなんだけど、長時間の運転には向いていない靴みたい。ブーツで足を圧迫されていたのと、パンツのベルトをギュッとしすぎたのもいけなかったか(^^;)
とにかくベルトを緩め、ブーツを脱いだらウソみたいに楽になりました。本当は違反になるんだろうけど、熊本からはずっと靴下で運転してた (^^;)
いやぁ、高速に乗る時は楽な格好じゃないとダメだね~。気をつけようっと。

今日はお昼から、母の友人達と一緒にお墓参りに行きました。
亡くなって3年経つんだけど、未だにお友達がこうしてお参りに来てくれたり、「今日もお母さんの事を思い出していたのよ」などと話してくださるのは本当に有難い事だなぁと思います。
「お墓の場所もわかったし、霊園までの送迎バスがあるなら、これからしょっちゅう会いにくるね」と、お墓に声をかけてくださってる姿を見ると、我が母ながら本当に人望が厚い人だったんだなぁと。
自分の親の事で恐縮なんだけど、葬儀の時に斎場の方から
「ご主人が一般のサラリーマンで、仏様が専業主婦でいらっしゃった方で、こんなに参列者が多い通夜・葬儀は初めてです」と言われたほど、たくさんの方がお別れに来てくださったし、今でもこうして気にかけてくれる方がたくさんいる。本当にたくさんの人から愛されていた母だったのです。
(その分敵も多かったんだけどねほら、女はいくつになってもドロドロしてるからさぁ)
私は・・・もし今この世を去ったとして、身内以外でここまで自分を慕ってくれる人が果たしてどれだけいるだろうか?って考えさせられたよ。
そういえば、金曜日の朝オットが「俺は今回お義母さんに会いに行けないけど、4時1分になったら黙祷するけんね」と言ってくれたのにもちょっと感動。
娘の私でさえ母の臨終の時間を忘れてたというのに、旦那は覚えててくれたんだ・・・
ダーリン、お土産奮発するからね~♪←こんな時だけ(笑)
[PR]
by chirurin27 | 2008-02-02 23:00 | つぶやき